HOW TO WASH

ハイ・ベックは衣類に合わせた正しい洗い方をすることでお洗濯の効果を十分に発揮することができます。 ここでは、お洗濯前に確認しておくことから干し方までの方法をご紹介します。

  • お洗濯の前に

  • ハイ・ベック液の作り方

  • 基本的な洗い方

  • 干し方のコツ

スカーフ

  • 衣類別の洗い方

  • セーター類

  • スーツ類

  • ダウンウェア

  • ネクタイ

  • スカーフ

  • 布団

  • その他衣類

ラメ入り衣類など

ラメは汗や酸・アルカリ・漂白剤などに影響を受けやすく、
光沢を失ったり、脱色しやすい素材です。
できるだけ早く洗うよう心掛けてください。

ポイント

●ラメの部分に付いたシミは専用ブラシでこすらず、叩いてください。
●仕上げの脱水は短めに、本回転になる少し手前で止め、
シワにならないよう注意してください。

ポイント

ワンピース、ブラウス類  
(絹)

絹は水に濡れた状態で摩擦を加えると毛羽立ち、光沢を失います。また、アルカリや日光にも弱く、
細心の注意が必要なデリケートな素材です。

ポイント

●シミ抜きはブラシなどでこすらず、叩くようにします。
(カット綿を使用しても構いません)
●色止め加工がされていないことが多いので他の衣類と 一緒に洗わない方が良いでしょう

ポイント

サマーセーターなど(綿・麻・レーヨン・アクリルなど)

綿・麻・レーヨン・アクリル・ナイロン混紡など、
素材繊維の種類も多く、ドライマーク表示が多いのが
サマーセーターです。夏の衣類だけに汗の汚れも多く、
こまめに洗うことが大切です。

ポイント

●市販のハンガーで干されますと重みで伸びることがありますので、当社商品『ボディハンガー』の使用をお奨めします。(ボディハンガー以外では平干しをお勧めします)

ポイント

麻のスーツなど

麻そのものは大変丈夫な素材ですが、色止め加工がしにくく、
強くブラシ掛けをすると色落ちすることがありますので
ご注意ください。

ポイント

●干すときはボディハンガーに掛け、手のひらで軽く叩いてください。
  襟や肩口など縫い目を引っ張って型を整えて干せば、
 アイロン不要です。
●脱水は短めにしてください。

ポイント

ムートンなど

ポイント

●洗う前に毛の部分のゴミやホコリを十分落としてください。
●ハイベック液はたっぷり使用してください。
●洗い上がってから干す前に、毛並みを整えてから干してください。

【ご注意】
裏皮部分のなめし加工の不完全な物があり、
洗濯後固くなることがありますが、これは製品自体の問題であり、
お買い上げの際にご注意願います。

ポイント

ランジェリー、ファンデーション、パンストなど

ポイント

●干すときは振りさばいて、手のひらで軽く叩いてシワをのばし、
 型を整えて干すことがポイントです。
●ブラジャーなどは、干す前にカップの型を整えることを
 忘れないようにしてください。

ポイント

お客様相談室フリーダイヤル:0120-668-689

洗う前・洗う時・干す時・アイロン時のQ&A集製品のご案内

「ハイ・ベック」それは、衝撃的でまったく新しいお洗濯。

このページのトップへ

熊本のホームページ制作や広告製作、WEB作成を行う友田昌幸デザイン事務所へのリンク